• Happy 4th of July!! アメリカの独立記念日を祝おう★

    Aloha! 毎年7月4日はアメリカ中で祝われる独立記念日 “Independence Day”です。

    ハワイでも全米トップ25に選ばれる盛大な打ち上げ花火でお祝いします。

     

    アメリカ独立記念日とは?

    独立記念日 “Independence Day” は、1776年にアメリカ独立宣言が交付されたことを記念して制定された祝日です。アメリカではその7月4日を “Fourth of July” もしくは”Independence Day” と呼び、アメリカ国民にとっては大変重要な祝日になります。

    当時アメリカ東海岸イギリス領だった13の植民地がイギリスの支配から脱するために独立戦争を戦っていました。そんな戦争の最中の1776年7月4日に、植民地の代表からなるアメリカ大陸会議 で独立宣言 The Declaration of Independence が採択されました。トマス・ジェファーソンが起草し、ベンジャミン・フランクリン、ジョン・アダムスが修正しました。(トマス・ジェファーソンは2ドル札、ベンジャミン・フランクリンは100ドル札に描かれている人物)実は、アメリカ独立記念日は戦争に勝利した日ではなく、必ず独立を勝ち取るという決意を宣言した日だったのです。実際に戦争が終結したのは1783年9月3日のパリ講和講和条約が締結された時でした。

     

    独立記念日の過ごし方

    独立記念日にはアメリカの国旗、星条旗やそのデザインの服や飾り物を身につけた人をたくさん見かけます。独立記念日はアメリカ中で色々なイベントが催され、また家族で集まってバーベキューをしたりして楽しみます。もちろんそこにも赤、白、青の星条旗カラーで溢れ、お祭りムードいっぱいで独立記念日を祝います。

    ところでこの星条旗の意味ですが、赤と白で描かれている横の縞模様はイギリスと戦った13の植民地を表しており、星条旗に描かれている星の数は50でアメリカの50州を表しています。

     

    ハワイでの独立記念日

    独立記念日と言えば打ち上げ花火のアメリカ。ハワイでも独立記念日の打ち上げ花火が開催されます。スパカカラのあるハワイ、オアフ島でもいくつかの場所で行われますが、観光でいらっしゃる方に一番見やすいのはワイキキ、アラモアナエリアで見られる打ち上げ花火です。

    打ち上げ花火のスタートの時間は午後8時半ですが、ハワイの地元住民の方達は朝から場所取りし、家族でバーベキューをしたり海で泳いだりしてこの日を楽しみます。

    打ち上げ花火のスポットはアラモアナビーチパークですが、ワイキキでもいくつかスポットがあります。それはフォートデルッシービーチパーク、ハレコアホテル、ヒルトンハワイアンビレッジの前のビーチです。

    この日は花火を見るための見物客でビーチは大変な混雑が予想されますのでお気をつけください。

     

    それでは楽しい独立記念日をお過ごしください!

    Happy 4th of July!!

    キレイになれるメルマガ
    キレ☆マガ

    一般のお客様に公表する前に、メルマガ会員様に先行案内することも・・・
    お得な情報をいち早く提供させていただきます。