• 発想の転換!ストレスマネージメントでエネルギーアップ!

    Aloha! 毎日生活していてストレスを減らすことは実際問題難しいでしょう。もしストレスを減らすことを考えるとそのこと自体にストレスを感じることもあります。

    だったら考え方をちょっと変えて、ストレスを「減らす」のではなくストレスを効果的に「マネージメント」するとしたら、私たちの生活が変わるかもしれません。

     

    ポジティブなストレスとネガティブなストレス

    ストレスにはポジティブなストレスとネガティヴなストレスがあります。

    ポジティブなストレスはチャレンジ、挑戦することからきます。例えば目標ゴールを達成させること、前向きに生活を変えること、責任感が増えること、より良い健康状態を保つこと、自分が望むことでなくても行動を起こす事などです。

    ネガティブなストレスは脅かされるものからきます。例えば健康でない事、良好とはいえない人間関係、経済的な問題、仕事において満足できない状態、優先順位をきちんとつけられずにうまく機能しないことなどです。

     

    ポジティブなストレスマネージメントとネガティブなストレスマネージメント

    ポジティブなストレスマネージメントは一体どのようなものがあるでしょうか。エクササイズ、健康的な食生活、十分な睡眠や急速、メディテーションの時間をとったり感謝をすることで得られます。そうすることで前向きな状態で問題に向き合うことができます。

    一方でネガティブなストレスマネージメントは、喫煙、アルコールの多量摂取、問題解決を探るのではなく問題についてただ話すだけ、感謝の気持ちを持たないことなどがあげられます。

    マネージメントされていないストレスから起きる病気は、頭痛、睡眠障害、免疫力の低下、抑うつ症、不安、首や背中の痛み、消化不良、高血圧などがあげられます。

    これらのことは「自分の行動が私たちの感情的な部分を作り出すのか」それとも「自分の感情的な部分が私たちの行動に影響を与え決定するのか」というとに繋がります。ストレスをマネージメントするのであれば、前者をうまく使うことがストレスマネージメントのキーになります。

     

    ちょっとした自分の行動を変えてみる

    少しだけ自分の生活を変えてみることでストレスをマネージメントできるとしたら、是非試してみる価値があります。

     

    朝のルーティン

    *水を500MLの水を飲む(寝ている間中呼吸をしているので身体は脱水状態になっている)

    *メディテーションの時間を持つ(1人の静かな時間を短くても良いので持つ)

    *ポジティブなものを読んだり聞いたりする

    *朝のうちのその日の必要なことを計画し、アレンジしたり優先順位をつけていく

    *エクササイズをする(朝エクササイズをすることによって脳が活性化され、代謝も上がる)

    *ヘルシーな朝食をとる(高たんぱく質、繊維質の高いもの)

    夜のルーティン

    *翌日の必要なことをリストアップ、それらをアレンジしたり優先順位をつけていく

    *就寝する1時間前は電気機器をオフにする、もしくは触れない(電気機器から発せられるデジタルウェーブは脳を刺激する)

    *就寝する2時間前までにヘルシーな夕食をいただく(消化するのに時間なため食べてすぐ寝ると胃腸に負担がかかる)

    *ストレチやヨガをする

    *寝る前に読みものをする

     

    いかがでしたか?

    これらはほんの一例ですが、これらの小さな生活習慣の変化が私たちのストレスを活力へと変えてくれます。お試しあれ!

    キレイになれるメルマガ
    キレ☆マガ

    一般のお客様に公表する前に、メルマガ会員様に先行案内することも・・・
    お得な情報をいち早く提供させていただきます。