一度できると厄介もの!背中ニキビとさよならして素敵な背中になる方法☆

Aloha mai! 夏になると、一段と気になるのが背中のニキビ。水着を着たり背中のあいた洋服を着たりしてバッチリ決めても、背中にブツブツとニキビがあっては、なんだか魅力が半減するような気がしたりして。

残りの夏もおしゃれを楽しんで楽しく過ごせるように、背中のニキビについてちょっとお勉強して見ましょう。

 

背中ニキビの原因は?

 

 

一度できるとなかなか治らないイメージの背中のニキビ。自分ではミラーで見ないとなかなか気づかないため、ふと見ると背中にブツブツとニキビができていたという経験がある方もいらっしゃるでしょう。

皮脂腺の多さ

そもそも背中にニキビができやすい原因というのは、皮脂分泌が多いことが挙げれます。皮脂腺は顔、肩甲骨周りの背中、そして胸に集中しています。

背中は衣服を着ているために汗がこもりやすく皮脂によって汚れやすい、また手が届きにくいところなので洗い残しで汚れが残りやすいのです。

血行不良

また長時間のパソコン、家事による肩こりや背中のコリが血行不良の原因となり、背中のニキビの原因となったりもします。

ストレスや不規則な生活習慣によるホルモンの乱れ

その他にも、特に大人になってからできるニキビは、不規則な生活や食生活の乱れ、ストレスなどによるホルモンの乱れなど要因になりやすいと言われています。

 

 

背中ニキビ改善のために簡単に自分でできる方法

 

 

髪の毛→体の順に洗う

シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しも、ブツブツができる原因の一つです。最初に髪の毛を洗ってから体を洗うことによって、すすぎ残しを防ぐことができます。

ピーリング効果のある石鹸やボディスクラブなど使う

体を洗う際にピーリング石鹸を使うと、毛穴をふさいでいる角質をケアすることができます。

毛穴に皮脂が詰まり背中ニキビは起こるので、時々ボディスクラブを使い毛穴をキレイに保つことも良いでしょう。しかし、白ニキビや黒ニキビの段階では大丈夫ですが、炎症を起こして赤くなってしまっている場合や膿が溜まって黄色くなってる場合は使用を避けましょう。

保湿を行う

背中もお顔と同じように保湿が大切。お肌が乾燥すると体は皮脂を分泌させようとし、それが皮脂の過剰分泌を起こしたります。

化粧水で水分を与えた後は、保湿効果の高いクリームでさらにケアしてあげましょう。

 

 

もしかゆみや痛みなどを伴ったり炎症を起こしている場合は、一度皮膚科の医師にご相談されてみると良いかもしれません。

 

 

私自身、ストレスがとても溜まっていた時に背中のニキビがひどくなった経験があります。

自分に厳しくなりすぎず、適度に休養やご褒美を与えてあげて自分の体と上手に付き合っていきたいものですね。

 

スパカカラは,極上のリラクゼーション空間とスタッフで皆様のご来店をお待ち申し上げております。

A hui hou!(それではまた!)

キレイになれるメルマガ
キレ☆マガ

一般のお客様に公表する前に、メルマガ会員様に先行案内することも・・・
お得な情報をいち早く提供させていただきます。