クレオパトラも愛用!健康と美の秘訣が詰まったビーポーレン♪

Aloha! 生命を与える粉として、あのクレオパトラも美しさを維持するために愛用していたと言われるスーパーフードの「ビーポーレン」。

現代ではセレブやモデルも愛用、健やかに美しく生きるために必要な栄養素がギュッと詰まったビーポーレンをご紹介します!

 

ビーポーレンとは?

ビーポーレンとはBee Pollen と書きますが、名前の通りBee(ミツバチ)が集めた Pollen(花粉)のことを指し、スーパーフードとして注目を集めています。

蜂は花などからはちみつを集めるだけでなく、同様に花粉も収集しています。その際に体内から酵素を分泌させ、花粉にからめて団子状に丸め、巣に持ち帰る習性があります。植物から採取する花粉は重要なタンパク質源となり、女王蜂や自分たちが厳しい冬を乗り越えるための食糧となります。

それこそがビーポーレンであり、パーフェクトフードと呼ばれるほどの栄養素の高さで古くから古代エジプト、ヨーロッパ、中国などで健康食品として取り入れてきました。古代ギリシャの医師ヒポクラテテス、”ハチミツと花粉は炎症、腫瘍、荒れた唇、日焼けにも効く”という言葉を残しているほどです。

 

豊富な栄養素

ビーポーレンには栄養素が90種類以上あると言われ、たんぱく質、必須アミノ酸、ミネラル、酵素、ビタミンなどを豊富に含んでいます。体を正常に動かすために必要な栄養素がたくさん含まれており、まさにパーフェクトフードといえます。

 

*美肌効果

ビーポーレンには美肌に必要な栄養素が豊富に含まれています。美白のビタミンC、抗酸化作用のあるビタミンE、ニキビに効くと言われるビタミンB2、肌や髪を健やかに保つビタミン6などがあります。

それ以外にも肌の潤いを保つ天然保湿成分のアミノ酸もたくさん含まれています。アミノ酸はコラーゲンの主成分で美肌には欠かせません。プラス抗酸化作用の強いポリフェノールも加わり、最強の美肌の味方と言えます。

*アレルギー症状の予防

花粉と聞くと逆にアレルギーのある人には良くないのではないかという印象を受けますが、近年のアメリカでの研究によるとアレルギー症状の予防に良いという結果が報告されています。

ビーポーレンは抗アレルギー作用として、免疫力を高めるリノール酸やビタミンAなどの栄養成分が含まれているため、アレルギーの症状を抑えるのに優れていると言われています。

ただし、過剰摂取はアレルギー作用を強くする恐れがあると言われているので、必ず用量を守って摂取しましょう。

*腸内環境を整える

ビーポーレンには豊富な食物繊維が含まれ、腸内環境を整えてくれます。また体内に溜まっている余分な水分を排出してくれる作用もあるのでデトックス効果も期待できます。

*ホルモンバランスを整える

ビーポーレンは、ホルモンバランスを整えてくれる作用があると言われています。更年期の症状や生殖器の病気に関する症状の改善・緩和に効果があるので男性女性問わずにぜひ摂取したいものです。また、うつ病の予防・改善に効果がある幸せホルモン「セロトニン」の分泌を促す栄養成分が豊富に含まれています。

 

この他にも免疫力を高める、貧血予防、疲労回復、頭の回転を良くする、睡眠の質を上げる、内臓機能を助けるなど、ご紹介しきれないほどのたくさんの効果が期待できる、まさに「スーパーフード」の名にふさわしい食品なのです。

 

ビーポーレンの食べ方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

色々な栄養素が含まれ健康美容ともに良いビーポーレンをたくさん取りたいところですが、1日の目安量はティースプーン1杯程度です。(それぞれのビーポーレンに記載されている目安量を参考にしてください)特に最初の頃は過剰摂取するとお腹の調子が悪くなったりする可能性があるので適量を守りましょう。また基本的に腸内環境が整っていない1歳未満の乳幼児には食べさせないようにしましょう。

ビーポーレンの食べ方ですが、オーガニックで非加熱のものがオススメです。成分を壊さないよう熱などを加えずそのまま使いましょう。単品で食べてもOKですが、ヨーグルトやスムージ、サラダなどに混ぜて取り入れるのがオススメです。

 

いかがでしたか?美と健康に欠かせない栄養素の詰まったビーポーレン、ぜひお試しあれ!