キレイな人はもう始めている?!新しい習慣♪「飲む美容液」ボーンブロス

Aloha mai! 最近ニューヨークを中心に「飲む美容液」とも言われ、大流行している「ボーンブロス」。その豊富な栄養と美容効果から、ココナッツウォーターに変わるドリンクとして注目されているとか。

ニューヨークやロンドンではこのボーンブロスの専門店も登場して、ますます人気は加熱しそうです。

海外セレブもはまっている「ボーンブロス」、一体どんなものなのでしょうか?!

 

ボーンブロスって何?

ボーンブロスとはその名前から想像できるように、鶏や牛、豚などの骨からとったスープのことです。このボーンブロスには骨からコラーゲン、アミノ酸、ゼラチン、タンパク質、ミネラルなど耳にしただけでお肌がプルプルになりそうな成分がスープの中にたっぷりと溶け出しています。

牛の骨からとったボーンブロス240mlは約70カロリー程度で、コラーゲンはなんと6グラムも含まれているそうです。その他にも美肌や艶やかな髪に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。

 

ボーンブロスの嬉しい効果♪

ボーンブロスの嬉しい効果は以下の通りです。

美肌・美髪

手羽先などの肉類にはコラーゲンがたっぷり含まれています。このコラーゲンがプルプルお肌、サラサラな髪、健康的な爪を作ってくれます。コラーゲンは食材から摂取する方法が一番効果的です。

中には目元のしわが目立たなくなってきたという人も!

腸を強化して代謝アップ

ボーンブロスに含まれる胃酸の生産を促してくれるアミノ酸、エネルギー代謝を上げてくれるミネラルのおかげで代謝機能が促進されます。そのため整腸作用があり、慢性的な便秘や下痢などの症状から代謝アップのダイエット効果まで嬉しい効果が期待できます。

関節の強化

関節の特効薬とも言われるグルコサミンや関節炎に効果のあるコンドロイチン硫酸も含まれています。普段ランニングなどのエクササイズをしている人は積極的に取り入れたいですね!

安眠効果

ボーンブロスには睡眠の質を高めてくれるグリシンが含まれています。質の良い睡眠は身体に活力を与え、また美肌などに重要な役割を果たしてくれる成長ホルモンの分泌を促進します。

 

ボーンブロスを作ってみよう!

本格的に6〜8時間も煮込むものもありますが、今日は手軽に作れる簡単レシピのご紹介です。

材料

・手羽元…5本
・セロリ…1本
・玉ねぎ…1/2個
・塩…小さじ1弱
・黒こしょう…少々
・水…6カップ(1200cc)

・酢…大さじ2

・ローリエ…一枚(あれば)

作り方

① セロリをぶつ切り、玉ねぎはくし切りにして、全ての材料を鍋に入れて強火にかける。

② 煮立ったら弱火にして、60分煮込みます。肉の臭みが抜けなくなるので、フタをせずに煮込む。(アク取りは不要です)

③ 野菜と手羽元を取り出し、スープをこせばボーンブロスの完成!

お好きな香味野菜や他の骨つき肉や魚でも試して、自分好みのボーンブロスを作ってみましょう♪

冷蔵庫保存は4〜5日、冷凍庫保存だと一ヶ月ほど持ちます。冷えると固まるので温めてから飲みましょう。

 

いかがでしたか?

朝の甘いラテをやめて、ボーンブロスを取り入れてみませんか?きっと嬉しい効果が期待できるはず❤︎

A hui hou!(それではまた!)

キレイになれるメルマガ
キレ☆マガ

一般のお客様に公表する前に、メルマガ会員様に先行案内することも・・・
お得な情報をいち早く提供させていただきます。