納得!スーパーフード、カカオパウダーの実力★★★

Aloha mai! 常夏ハワイとはいえ、冬のシーズンは夜になると肌寒く感じる日もあります。そんな日はココアでホッと一息つきたいところですが、そのココアの中に入っているカカオパウダーはアサイーやスピリルナと同じスーパーフードの仲間なのです。

 

カカオの正体

カカオはチョコレートの原料になることで知られています。原産はアステカ文明の古代メキシコで、インカ帝国で滋養強壮効果のある秘薬としてカカオの豆をすりつぶして飲んでいたそうです。

スーパーフードとしてのカカオは、パウダータイプとニブ(実)タイプがあります。中でもスナックのようにそのまま食べられるニブは最近特に注目を集めています。

カカオパウダーの効果

美肌効果

抗酸化作用で有名なポリフェノールですが、カカオパウダーにはこのポリフェノールがたっぷりと含まれています。紫外線により私たちの肌は傷つき、それがシワなど肌トラブルの原因になると言われています。ポリフェノールにはこの傷ついた肌のダメージを修復してくれる効果があるのです。また抗酸化作用が肌自体の老化を防ぐ効果があります。

カカオパウダーには食物繊維が豊富に含まれるので、便秘を解消し腸内環境を整えてくれます。腸内の毒素が排出されることで、肌荒れやニキビの予防になります。

冷え改善

カカオパウダーを溶かしたココアを飲むと、ホットココアは他の飲み物に比べると体表面温度の上昇が顕著に見られ、また体温持続時間はショウガよりも長かったという報告がされています。

それはカカオパウダーには血管を拡張させる成分が含まれているためなのです。他の飲み物でもある程度の体温上昇効果は得られますが、手足などの末端部分まで温めてくれるものは少なく、カカオが血管を広げ体全体を温めるので、その結果最も体を温めてくれます。

ストレス解消

カカオパウダーには「カカオ豆テオブロミン」という成分が含まれています。自律神経を整える作用があり、心身をリラックスさせ集中力を高めてくれる作用があります。

またカカオポリフェノールにはストレスホルモンを大幅に減少させ、ストレス反応を緩和させてくれるという研究結果が出ています。

効果的な摂取法

一般的な摂取方法はココアとして飲むことが多いですが、その場合は純ココアと呼ばれるものを選びましょう。子供の頃に飲んだような甘いココアは調整ココアと呼ばれるものです。美容健康効果を求める場合は、栄養素やカカオポリフェノールが多く含まれる純ココアがオススメです。

純ココアは少し苦味もありますので、甘みが欲しい場合はオリゴ糖を加えてみてください。オリゴ糖は体内に吸収されにくく、オリゴ糖作用で腸内が整えられ便秘解消にも効果があります。新陳代謝を良くしてくれる大豆イソフラボンのある豆乳で割って飲むのもおすすめです。

ココアを朝飲むことで起きがけの体を温める効果もありますし、腸内を刺激するので朝のお通じをよくする効果があります。またエネルギーを蓄積しやすい夕食後にココアを飲むと、食事で摂取した余分な脂肪の吸収を抑える効果が期待できます。

チョコレートから摂取する場合はカカオ含有量85%のダークチョコレートを選びましょう。

 

いかがでしたか?美味しいだけでなく美容にも健康にも良いカカオ!

ぜひ取り入れたいものですね!

A hui hou! (それではまた!)