Skip to content

人も自分も幸せになる魔法の言葉♪愛され上手、幸せ上手は褒め上手

Aloha! 

褒めることはコミュニケーションの潤滑油であり、人は褒め上手な人のところに集まります。

また褒めることによって生まれるポジティブなエネルギーは時に相手だけでなく褒めた自分にも素晴らしい結果となって返ってきます。

褒め上手は幸せ上手♪

今日からあなたも褒め上手になってみませんか?

 

相手を褒めるということは

色々な人に囲まれて生活しているとつい相手と自分を比べてしまったり、また嫌なところが目について褒めるということがなかなかできない方もいらっしゃるかもしれません。

しかし職場、友達、また人に何かを教えるなど毎日のコミュニケーションを取る潤滑油となるのが「褒める」なのです。人は褒められると認められたという肯定感からやる気がアップしたり、相手もこちらをポジティブな感情を持って接してくれたりするようになります。

褒められて嬉しくない人はいません。褒められるとやる気が出たり、精神的にも安定して様々な能力を発揮します。世界中の著名なコーチングや自己啓発を教える人々も、褒めることは人を動かし充足感を与え、コミュニケーションを円滑に行う上で大変重要だと唱えています。

つまり自分ではなかなかコミュニケーションを取るのに苦手意識があったとしても、褒め上手になればコミュニケーション能力の向上にも繋がるという風にも考えられます。

また褒め慣れてくると、自然と相手の長所にも気づけるようになります。それにより自分の気持ちもポジティブに保つことができるのです。

 

褒めることの効果

人は褒められた嬉しさから、脳内で心の活力剤とも言われる「ドーパミン」というホルモンを分泌します。これには精神安定、気分を高めたりする効果があります。また幸せホルモン「セロトニン」も分泌され、精神を安定させてくれると言われます。

これらの結果、心を落ち着け自信を持って取り組むことで、自分でも驚くような潜在能力発揮することもできるというわけです。

また学習心理学の面から言っても、人間が何かを学ぶとき褒め言葉というご褒美をもらった方がやる気も持続し、記憶に残りやすく効果的に学習できると言われています。

人は褒められると、この人に認められたという感情とともに喜び、安らぎ、信頼関係が出来上がります。信頼関係が得られると人間関係も良くなり、脳の柔軟性も高まり物事もスムーズに進みます。

 

褒め言葉は自分にも返ってくる?!

 

また褒められた人だけでなく褒めた人にも素晴らしい効果をもたらしてくれます。

人間の脳は主語を理解できないので、発した言葉は全て自分のこととして捉えてしまいます。相手を褒めていても脳は自分が褒められたと思い、気分も良くなり自尊心が高まります。相手を大切にする言葉が結果的に自分に返ってきて、自分を大切にすることにつながっているのですね。

スポーツ心理学で「ミラーイメージの法則」というものがあります。これは相手に発した気は自分に返ってくるという指導者の心得として言われているものですが、これも相手を褒めるということにつながってきます。普段から相手を褒めて感謝や尊敬の言葉を使っている人は、その気が自分にも返ってきて他の人からも感謝、尊敬されるということなのです。

 

相手を褒める方法

相手を褒めるには、その人のことをちゃんと観察し感じる必要があります。そうしていくと相手の長所、努力しているところなど、ひとつの角度だけではなく色々な側面から相手を見ていくことができるようになります。それが柔軟に物事を捉え対応することのできる能力や人間力を鍛えることにも繋がります。

相手を褒めるにはいくつかの決まり文句を自分の中で決めておくのも手です。

例えば

「さすが!」

「すごいね〜!そうなんだ〜!」

「いつもよく頑張ってるよね!」

「その色とっても良く似合ってる!」

などです。

また褒め上手な人が周りにいたらその人たちがどんな言葉を使っているか注意してみるのもオススメです。その褒め上手な人が褒めたところに注目して改めて相手をみると、自然にこちらも相手の長所を見つけるのが上手になります。

注意すべき点は思ってもいないことを言ったり、嘘をつかないこと。それは不思議と相手に伝わり不信感につながります。恥ずかしがらずに素直に思った相手の長所を伝えましょう。それは言葉のプレゼントです。

もしあなたがあまり褒め慣れていないとしたら「ありがとう」という言葉から始めてみてはいかがでしょうか。

 

自分も褒めてあげる!

他の人を褒めるのはとても大切なことです。しかしいつも頑張っている「私」を褒めてあげることも忘れないように!

自分を褒めて大切にしてあげることはワガママでも自惚れでもありません。自分のことはなかなか客観的に見るのは難しいかもしれません。その場合は自分の仲の良いお友達やパートナーに自分の良いところを聞いてみるとヒントがあります。

そして自分の良いところ、他の人から見て魅力的な点を素直に受け止めましょう。自信を持ち自分自身を肯定してあげることが出来たら、周りの人にも優しく接することができます。

もしそれでも自分を褒めることが出来なかったとしても、毎日朝起きた時、寝る前など鏡を見ながらニコッと笑って呪文のように最初は心からそう思えなくても良いので、自分を褒める言葉をかけてあげましょう。そのうち、どんどんそうかもしれないと思えるようになって自信がついてきます!

自分を認めて褒めてあげる癖をつける!これがハッピーに毎日を過ごすための魔法です♪

また人に褒められた時は素直に受け取りましょう。それは決して自惚れでなく、「あなたみたいな素敵な人に言われて嬉しいです!」と伝えれば、言われた相手も自分もとてもハッピーな気持ちになれます。

 

いかがでしたか。昔から日本では言葉には言霊が宿ると言われます。言葉と脳を上手に使って毎日ハッピーに過ごしたいものですね。

 

A hui hou! (それではまた!)

 

ロミロミマッサージなどハワイならではのユニークで豊富なメニューを取り揃えたスパカカラのご予約はこちらから

                ⇩

https://khakara.com/khakara-rsv/