ハワイ島、キラウエア火山とペレ

Aloha! ハワイ島のキラウエア火山が噴火して1ヶ月以上経ちました。今もなお続いている噴火ですが、ハワイで火山の噴火が起こると人々が必ず口にするのが火山の女神「ペレ」の名前です。

 

ハワイの神々の中でもっとも有名な火の女神ペレ

 

キラウエア火山は地球上でも最も活発な火山のひとつであり、今急に噴火したと思われる人もいますが、過去35年間に渡り噴火し続けています。
火の女神ペレはそのキラウエア火山のハレマウマウ火口に住み、火山に対する人々の畏怖心と表裏一体の信仰を集めています。

ハワイボルケーノ 国立公園にあるハレマウマウクレーターにペレへの捧げ物をする人々もいますが、捧げ物の中にはペレの大好きなお酒のジンを奉納する人もいるそうです。(捧げるものは土に還るものなので、もちろん瓶ごと捧げるわけではありません)

 

(↑火の神ペレが住むとされるハレマウマウクレーター)

 

ハワイで溶岩はペレの化身と信じられており、美しく情熱的ですが気の荒い女性で、嫉妬や怒りから人々を焼き尽くすとして畏怖の対象とされています。

ペレは生まれ故郷であるタヒチから安住の地、ハワイ島キラウエア火山にたどり着くまでの旅の物語をうたったカヒコ(古典フラ)のAia lā ‘o Pele i Hawai‘iにもペレの化身である溶岩がPuna(ハワイ島東部の地区)の土地を飲み込んでいる様子が描かれています。

‘Ūhī‘ūhā mai ana ‘eā
Ke nome a‘e lā iā Puna, ‘eā

溶岩の轟音がなる。

ペレの化身の溶岩がPuna全体をムシャムシャと食べ尽くした。

溶岩が次々とに家をのみ込み、今も多くの住民の方々が避難を強いられています。中にはドローンで撮影された映像にまるでペレが宿っているようにも見えるものまであり、やはりこれはペレの怒りだとか、ペレが土地をキレイにしているなど地元住民の人々は話しています。

また彼女の化身である溶岩を歓迎し捧げ物をする人々もおり、ハワイ島はキラウエア火山と畏敬の念を持って共存して来た証だと言えます。

ペレにまつわる神話は数多くありますが、これはまたの機会にご紹介します。

 

いかがでしたか?

まだおさまる様子を見せないキラウエア火山の噴火ですが、

「火山活動による影響は、ハワイ島東端のごく一部の限られた地域のみで起こっている事であり、美しいビーチや余暇を楽しむためにハワイ島を訪れることにはまったく影響はありませんのでご安心ください。」

とハワイ観光局からも伝えられております。

大自然の前で時に人間は様子を見守るより他にありません。