うがいでキレイになるオイルプリングの凄い効果!

Aloha mai! グウィネス・パルトロー、ミランダ・カー、アンジェリーナ・ジョリー、日本では道端ジェシカさんなど、目も眩むような美女たちの間で実践されているという美容法、それは「オイルプリング」です。

美容において油というと太るので避けるというイメージがあったのは遠い昔のこと。今では健康と美容にも良いとされるココナッツオイルやオリーブオイル、アルガンオイルなどオイル美容は常識ですが、このオイルプリング、聞きなれない方も多いのではないでしょうか。

今日はそんなオイルプリングを紹介します。

 

オイルプリングって何?

coconut-oil-1469339_640

オイルプリングとは、インドの自然治療法であるアーユルヴェーダ健康法のひとつです。元々はガンドゥーシャと言われるオイルうがいを実行する口腔ケアで、若返りにも効果があると言われています。

私たちの口の中は細菌、ウィルス、バクテリアなどが何十億と存在し、これらが原因で虫歯や歯周病などの口腔内のトラブルが起きたり、関節炎や心臓病などの含む多くの健康にも影響してきます。

水でうがいするよりもオイルを使ってうがいするオイルプリングの方が強力な解毒作用があり、様々な効果が期待できます。口の中に入ったオイルが身体の中に浸透し毒素を排出してくれるのです。

 

オイルプリングの効果

NCI5N8UL3Z

*口内から体内の毒を排出するデトックス効果

*口内細菌の除去による口臭、歯周病、ホワイトニング効果

*うがいで口の周りの筋肉を使うのでほうれい線のケアや血行が良くなりお顔のシワ、肌艶が改善される

*花粉症などのアレルギー改善

*偏頭痛、関節炎など慢性的な疾患の改善

*風邪予防

などなど、まだまだ書ききれないほどの効果が期待できるとされています。

 

オイルプリングの効果的なやり方

乾燥の季節、保湿に困っていませんか?もう手放せない!?美のアイテム

アーユルヴェーダではキュアリングされた白ごま油を使うのが主流ですが、オリーブオイル、アボカドオイル、ごま油ピュアな植物系のオイルであれば大丈夫です。中でも人気のあるのはヴァージンココナッツオイルです。封を切ってだいぶ経っている酸化したものは使わないようにしましょう。

それではやり方です。

1、舌に溜まったコケ状の汚れを専用のクリーナー、スプーンなどを使って除去しましょう。

2、唾液をよく出すために水を飲みます。

3、大さじ一杯のオイルを口に含み、マウスウォッシュのようにゆっくりとお口の中でオイルを巡らせてなじませていきます。唾液が出てきたら毒素が排出しやすい環境になったサイン。歯と歯の間にも入れたりして、すみずみまで行き渡らせます。

理想は15〜20分ですが、慣れないうちは辛い人もいるので、5分、10分くらいから始めてみたり、辛くなったら吐き出してまた再度始めてみましょう。

4、水っぽくなってくるのでブクブクうがいや喉のゴロゴロうがいをして吐き出しましょう。ただし、オイルは下水に流さず、ティッシュなどに吐き出してゴミ箱に捨ててください。

5、水、もしくは塩水でうがいをしてスッキリ!

行うタイミングですが、ベストは朝起きた時。寝起きの口の中は細菌がいっぱいでかなり不衛生な状態なので、このタイミングで毒素を排出することが良いそうです。もし朝忙しくてできないという方は、空腹時に行うと良いです。

ひとつ守らなければいけないこと、それは絶対にオイルを飲み込まないこと!!うがいしたオイルには身体から排出された毒素がいっぱい含まれています。うっかり飲み込んだりしないようにくれぐれもご注意ください。

 

いかがでしたか?簡単ですぐ始められそうな美容法でしたね!ぜひオイルプリングの効果を実感してみてください♪

A hui hou!(それではまた!)